恋する恋愛不適合者

自他ともに認める恋愛不適合者が恋愛と心理学を学ぶ

「この女に愛されたい」と思われる“彼女”になる方法・を読んでみました♡

今回は立川 ルリ子さん著の『「この女に愛されたい」と思われる〝彼女〟になる方法』を読んでみました。

立川さんの著書は、やわらかくてやさしい言葉がすぅーっと入ってくるので、読むたびに心が軽くなります。

こんなにも包み込まれるようなやわらかな感覚になれるなんて、なんてすごい人なんだと感心してしまうくらいにやさしい語り口です。

しかし、しっかりと本質的なことをいいあてられるので、どきっとしてしまいます。

きっと、恋愛に悩む女性なら一度がやってしまっていることなので胸が痛む人もいるのではないでしょうか?

それは、相手の男性を自分の思い通りにコントロールしようとする、世の恋する女性がおちいりがちな小手先だけの恋愛テクニックへの警告です。

恋をすると、相手の感情や気持ちよりも自分の感情や気持ちを優先して、相手をコントロールしようとしてテクニックに頼ってしまいます。

また、恋愛スイッチが入ってしまうと「心からの幸せ」や恋愛で重要な「二人のありかた」をすっかり忘れてしまい、自分が愛されることばかり考えてしまうようなのです。

「愛され方ではなく、愛し方を知って男性に与えられるようになればお互いに幸せな関係になれること」や「男性と女性の考え方や感じ方の違いを理解すればもっと恋愛は上手くいくこと」

を基本に相手の男性も自分もお互いが我慢せずに幸せになれる方法を教えてくれます。

また、それをされるだけで男性が、強烈に好意を感じるという「認めてほしい!」「存在意識を感じたい!」「ステイタスを感じたい!」という気持ちを刺激する方法もくわしく書かれています。

これらを上手に刺激出来る女性は見た目も年齢も関係無く、男性から愛されるそうなので、ぜひ習得したいものです。

こんなにも男性と女性の考え方や感じ方が違うということや、場合によっての対処法がわかれば、明日からはもっと上手く恋愛が出来そうです。

それから、

・私の世界

・彼の世界

・二人の世界

のどれも尊重してバランスをとることが出来れば、自分らしく、彼は彼らしくいられるので無理なく愛し愛される関係でいられるようです。

愛される努力をするよりも、愛する事が大切なんですね!

遠慮せずに、もっともっと自分から彼を愛していきましょう。

f:id:koisurukoiko:20160522231617j:plain

 

  

 


 

にほんブログ村 恋愛ブログへ
にほんブログ村