恋する恋愛不適合者

自他ともに認める恋愛不適合者が恋愛と心理学を学ぶ

『宇宙から突然、最高のパートナーが放り込まれる法則』奥平亜美衣・著を読んでみました♡

 

 

今回は奥平亜美衣さん著の『宇宙から突然、最高のパートナーが放り込まれる法則』を読んでみました。

 

タイトルのインパクトにつられて手にとりましたが、「宇宙」「突然」「最高のパートナー」「放り込まれる」という強い言葉の羅列にただならぬものを感じました。

 

はじめて読む、スピリチュアル系の恋愛指南書ですが、「引き寄せの法則」という考え方をベースに書かれています。

 

引き寄せの法則」とは、奥平さん曰く

「自分と同じ波動のものが自分に引き寄せられてくる法則」です。

『波動というのは「あなたが出している雰囲気」と言い換えることもできるでしょう。あなたの心の状態によって、あなたから出ている目に見えないもの、それが波動であり、あなたが出している波動と同じ波動のものを自分に引き寄せるのです。

つまり、今自分が幸せの波動を出していたら幸せを引き寄せ、不幸の波動を出していたら不幸を引き寄せます。』

 という説明がされていますが、とてもわかりやすいですね!

 

 

発信源はつねに自分だということなので、幸せは幸せを、楽しさは楽しさを、喜びは喜びを連れてきてくれて、またその逆もしかり・・・ということなのです。

 

いままで、「引き寄せの法則」という言葉は聞いた事があるくらいで、もっと難しいものだと思っていました。

しかし、奥平さんのやさしい説明でやっと理解ができました。

本書はこのように、わかりやすくやさしい言葉で語られています。

 

でも、恐いですね!!

心のあり方が引き寄せられてしまうなんて。

 

気がついたら、幸せや楽しいことよりも、不安や心配について考えている自分がいるので、恋愛についてよりも先に日頃の思考から改めなくては!!と反省です。

  

最初は「スピリチュアル」という特殊なものという色眼鏡で読みはじめた訳ですが、恋愛が好転するだけではなく、実践すれば人生そのものが好転してしまうスゴイ本だと思えてきました。

 

内容的には不思議なことや違和感はなく、恋愛のアドバス以上に、より良く生きるために大切なことを教えてもらえて、一石二鳥の得した気分です。

 

まず、実際に幸せを引き寄せるためには、とにかく波動を高い状態に保つことが重要なようです。

 

波動を高い状態に保つには、いつも「いい気分でいる」こと。

たとえ現状に不満があったとしても、その中で「いいこと探し」をして、少しでも「いい気分」「良い波動」を選択することが重要なのだそうです。

 

毎日を楽しむことで波動が上がって、幸せを引き寄せられるので、今日はどこへ行きたい、何を食べたい、どんな服を着たいなど、毎日の日常の中の「自分がこうしたい」と思うことをできる限り忠実にやってみることが波動を高い状態に保つ秘訣のようです。

 

そして、彼やパートナーに幸せにしてもらうのではなく自分で自分を幸せにすることが大切で、自分自身とうまく付き合うことで、相手ともうまく付き合えるようになってくるのだとか。

 

お付き合いが先ではなく、幸せが先なのだそうです。

 

 

自分を自分で幸せにしていれば、本当の望みであればどんなことも実現可能で、すべて、あなたが心から望むことは引き寄せられるそうですが、そうなれば・・・

 

・恋愛面では、婚活が必要なくなり、パートナーを探す必要はなく、良縁を引き寄せられる。

 

・逆に相手が追いかけてくるようになる。

 

・もしも好きな彼やパートナーと別れてしまっても、もっと素晴らしい相手が現れる。

 

というように、無駄な心配や努力は必要なくなるようです。

 

 

 

しかし、忘れてはいけないのは

 

・「してくれること」で愛情をはからない

 

・嫉妬は「あの人」のせいではなく、自分の問題

 

・浮気をされるのは、あなたが自分のことを認めていないか、男は浮気するものだと信じているか、パートナーの存在によりかかっているか、今ある幸せを感じられていないかのどれか

 

パートナーは「あなたの思い通りになる人」でも、「あなたを幸せにしてくれる人」でもなく、「人生の楽しみを共有し、喜びを倍にする」ためにいるということ

 

 

不足を埋めるために愛があるのではなく、、人生を楽しむために愛があるのだということ

 

・ 別れを切り出された場合は、ちょっと距離をおいて、彼にすがらないこと

  ご縁があったら、本当に離れていくことはない

 

 

過去は決まっていたと考えて、自分を責めない

 起った出来事に対しては、「仕方なかった」「不可抗力だ」と考える

 

・駆け引きを始めると、幸せがどんどん逃げていく

 

 

こんな風に、相手を試したり、人のせいにしたり、愛されることを求めるよりも、自分が愛したいから愛する、自分がしたいからする、という姿勢が幸せになる秘訣のようです。

 

「私のこと好き?」ではなく、「私はあなたのこと、好きだなぁ」と、いうように、

(自分から)愛することで自分がいい気分でいられるならば、幸せになれるのです。

 

感謝はあなたがこの世で発することのできる、最高の波動なので、幸せを引き寄せ続けるには、感謝の出し惜しみをしないことが重要なのだとか。

 

なので、「好きな人がいる」という幸せに日々感謝できるなら、あなたの望みは簡単に叶うそうです。

 

最後にこんな考え方があることに、目からうろこでした

一緒になることがゴールではなく、好きな人を好きだと思える、それがゴールであり幸せです。

 (中略)

たとえ、あなたの好きな人に彼女がいたり、結婚していたとしても、もし、本当に縁のある人であれば、なるようになって、おたがいの人生に深く関わるようになるでしょう。 

という箇所です。

 

好きになった人とは一緒になりたいと思ってしまうので、そう思えるようになるには修行が必要そうですね。

 

また、結婚している人を好きになるのも、自分が結婚しているのに人を好きになってしまうのも、愛を放つ状態に自分をおいていればまるくおさまるそうです。

 

人を好きになる自分の気持ちがいちばん尊いということを教えてくれています。

 

すべては自分の心のあり方次第なのですね。

 

本書を読めば、恋愛だけでなく人生が好転して幸せになれる予感と生きる希望が生まれます。

 

意識の向け方を少し変えていくだけでいいのだそうですが、まずは感謝の出し惜しみをせず、いつでも「いい気分でいる」ことをこころがけようと思います。

 

そうして幸せの波動を発するだけで、宇宙にある幸せの流れを確実にキャッチすることができるようですから、実践するしかないですね!

 

 

 

 

  


 


 

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

【電話占いヴェルニ】会員&募集